TOPHOME製品一覧木固めエース
 
 
 
 
 
 
 

◆ 木固めエース ◆
商品使用説明書(pdf/9.2MB)  ●価格表  

  木固めエースはポリウレタン系のプレポリマーが主成分の無色透明でサラサラした液体で、常温・常圧でも木材に浸透しやすく、木材組織内の水分、セルローズと反応して硬化します。水分や細菌、害虫の侵入を防止し、木の変色や老朽化の進行を弱めます。人体無害、黄変が少なく、耐水性・摩擦性にすぐれた特徴ある木固め剤です。

ルーツは法隆寺の羅漢堂並びに1618年に織田信長の実弟有楽斎が京都で建立した日本最古の茶室国宝如庵(愛知県犬山市)など重要文化財の腐朽部への補修と保存を目的に開発されたポリウレタン系の木質強化含浸剤 PS,PS-NYです。この画期的な商品を一般の木工・ホビー愛好者向けに汎用化されたものが木固めエースです。

1970年初頭岩手県大野村(現在の九戸郡洋野町大野)に於いて地場の木材を活用し学校給食器などの器作りによる村興しや、北海道常呂郡置戸町に於いては地場木工商品開発による地域活性化が町の教育委員会の主導のもと行われました。それぞれに当社の木固めエースが木工クラフトの木材質含浸木固め剤として採用・活用されました。

工業デザイナー秋岡氏並びに多くの著書を発行されておられる湯布院アトリエときデザイン研究所の時松辰夫氏の指導によるもので、今日もその優れた性能により全国の木工関係者に広く愛用されております。
 
 
 ◆時松氏の作品 〜白樺と麦わらの活用〜 (アトリエときデザイン研究所)
   
時松氏と作品の数々

 ◆真室川うつわの会 住所:山形県真室川町
秋田県と県境を接する山形県・真室川町で時松辰夫先生の指導の下、役場企画課の支援を得て稲わらを素材に成形した器の数々です。木固めエースの希釈前のプレポリマーとエステロンカスタムを活用した見事な出来映えの製品です。真室川うつわの会の皆さんの創意と工夫により製品を【真室巻き】と命名し市場に打って出ようとの意欲的な取り組みをされています。
   

 ◆大野木工 住所:岩手県九戸郡洋野町大野58-12-30 пF0194-77-3202
1980年に工業デザイナーの秋岡芳夫氏が提唱して始まった「一人一芸の村づくり」。時松辰夫氏(アトリエときデザイン研究所所長)の指導のもと誕生した大野木工。当社の木固めエースも使用されております。学校給食器や保育給食器としても活用されています。このたび大野木工を訪れ、時松氏や皆さんとお会いし、作業工程や作品の数々を撮影してきました。以下に紹介いたします。
 ●試験検査成績表(大野木工食器、ウレタン仕上げの幼児椀/2008年2月27日)
 【建物の外観&集まった皆さん】
   
   
当社の商品使用説明書を配布
 【作業過程の様子】
   
   
 【作品の数々】
   
   
 ◆西洋木工ロクロ協会主宰 井上重信氏の作品
   
   

●使用例
 @木固めのみ(木固めエース+専用シンナー)
  ⇒素材を強化し、材質と美しさを保護します。

 A木固め+仕上げ(木固めエース+仕上げクリヤー+ツヤ消し*+専用シンナー)
  ⇒木固め効果を高め、表面をさらに丈夫で平滑にします。杉・松・モミ等やわらかい木材に適用します。

 B耐摩擦性による優れ(木固めエース+目止め(透明)剤+仕上げクリヤー+ツヤ消し*+専用シンナー)
  ⇒細孔を埋め、木固め効果を一段と高めます。サクラ・シナ・トチ・ツゲ等の散孔材・導管の細い木材、
    ケヤキ・ケリ・ハリギリの環孔材にも適用し木目の美しさを強調します。

 *光沢を調整する時に仕上げクリヤーに均一に混入して使います。

●使用上の注意事項 (各作業工程に必要な注意事項です。作業の前に必ずお読み下さい。)
引火性液体で有機溶剤を含有しておりますので、火気厳禁・タバコ、ストーブ類は要注意。絶対近づけないこと。換気をよくし、作業中は直射日光をさけて下さい。
必ず手袋(ポリエチレン 又はウレタン製)をはめて塗る。
樹脂が手に付いた場合-素早く専用シンナーで拭き取り、石鹸で洗う。
樹脂・溶剤が目に入った場合-すぐに水で洗い流す。(必要に応じて医師の診断を受ける。)
塗布面のホコリ・油分・汚れを取り除く。
塗布後の乾燥には充分時間をかける。(常温で15-20時間位)
硬くて緻密なコクタンやシタン類は効果が少ない。
乾燥不足の木材は取扱いに留意。適正な含水率は8-12%です。
水分を切り、充分乾いた用具を使う。(樹脂は水分・湿気に反応し固化する性質があります。)
缶の蓋は小出しした後、縁を拭き取り、直ちに締めて、子供の手の届かない冷暗所に保管して下さい。
一度缶から出して余った樹脂は元の缶に戻さないこと。(空気中の水分、ホコリが混入するため。)
専用シンナー以外のシンナーは、一切使用を避けて下さい。

●木固めエース使用の現場より
 @山のふるさと村
   
 A西夫妻の制作現場
   
▲ページTOPへ
◆ 価 格 表 ◆
印刷用 
平成24年9月28日
商品名 内 容 価格(消費税別)
A木固めエース 太丸缶・240g 1,600円
500g 3,100円
特缶・960g 6,000円
C仕上げクリヤー 240g 1,600円
500g 3,100円
特缶・960g 6,000円
E専用シンナー 240ml 1,000円
500ml 2,000円
特缶・960ml 3,800円

(参考)
既調合タイプです。無希釈で使用願えますが、気温や材質で塗り難い時は0-10%を目途に希釈して下さい。不揮発分は約20%です。

尚 産業用一般木工向けに粘度が高く(不揮発分約50%)専用シンナーで200-300%を目途に希釈し使用して戴いております次の様なタイプの商品も製造販売しております。杉など比較的軟らかい材質にも適しています。

※上記価格に消費税は含まれておりません。
※上記価格に運賃は含まれておりません。
▲ページTOPへ